« オリンピック閉幕 | トップページ | フランスのおこづかい事情 »

2008年8月26日 (火)

はじめてのTF1

昨日月曜、女性ジャーナリストであるロランス・フェラーリが、初めてTF1の20時の報道番組に現れました。
TF1の20時は、これまでパトリック・ポワヴル・ダルヴォル氏(略してPPDA)が21年間担当していました。PPDA氏は今年7月10日に番組を降板し、フェラーリが後任となったのです。

昨日の放送でのフェラーリは白を基調とした端正な装いで、にこやかな表情で緊張した様子も見られず、番組進行は首尾よく進みました。

PPDA氏の番組降板について反対する声が多数あったようですが、フェラーリの初日は上手くいったようです。


*************************


PPDAという愛称で親しまれている氏はフランスで知らない人はいないというほどの大物キャスターであり、日本における久米宏さんのような存在と言えそうです。
後任のフェラーリは容姿端麗で実績もあり華やかな存在であり、また違った良さがありそうです。


*************************


ロランス・フェラーリ、初めてのTF120時。
Premier 20H pour Laurence Ferrari sur TF1
http://afp.google.com/article/ALeqM5hVPEIeC0SL3CNwPXE5SLOegYUTsA

|

« オリンピック閉幕 | トップページ | フランスのおこづかい事情 »