« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の17件の記事

2008年8月29日 (金)

そろそろ新年度

9月という月は、フランスの学生たちにとって暗いトンネルの中にいるようなものです。大学生は住まいを見つけなければならず、学費、社会保障、保険の支払いも済ませなければなりません。
Unef(全仏学生連合、L'Union nationale des étudiants de France )によると、大学生の月々の生活費は昨年度に比べて5,9%上昇しているということが明らかになりました。大学生たちにとっては、深刻な数値です。


*************************


フランスでは9月から新しい年度が始まります。

日本でもそろそろ夏休みが終わりを迎えます。
夏の暑さはまだまだ残っていますが、残っている宿題は終わらせて、新学期に備えましょう。


*************************


学生の新学期はお金がかかる!
Une rentrée étudiante chère !
http://www.france-info.com/spip.php?article178256&theme=9&sous_theme=338

|

2008年8月28日 (木)

ピンクのクロックス

クロックス社のサンダルは、日本でも大流行しました。
フランスでも、少し変わった形で話題になっています。

厚生・青少年・スポーツ大臣のロズリーヌ・バシュロは水曜、ピンクのクロックスを履いて閣議に出席しました。
その理由は、もしも北京オリンピックでフランスが40以上のメダルを獲得した場合、クロックス社のピンクのプラスティック製のサボを履いて閣議に出席すると約束していたからです。
ちなみにそのサンダルは、スキー王者マリエル・ゴワシェルからの贈り物なのだそうです。

しかし、エイズ対策活動団体アクト・アップは、この「ロズリーヌ・バシュロの賭け」を激しく非難しています。団体は8月メキシコで開かれたエイズについての会議をロズリーヌ・バシュロが欠席したことを指摘し、「オリンピックの方を重要視している」と弾劾しました。
「ロズリーヌ・バシュロ=ナルカンの靴のことをマスコミが話題にしているその瞬間にも、世界中で8,000人がエイズによって死亡している」と団体は主張していますが、大臣側は「彼女はただ、報道陣や政治家仲間たちを楽しませようとしただけだ」と悪気はなかったことを説明しています。


*************************


この賭けにより何か良い効果が生まれる可能性はあるでしょうか。

白いジャケットに黒のパンツ、爽快な笑顔に鮮やかなピンクのクロックス。
思いのほかよくお似合いです。


*************************


ロズリーヌ・バシュロの賭け。
Pari tenu pour Roselyne Bachelot !
http://www.lefigaro.fr/politique/2008/08/27/01002-20080827ARTFIG00407-pari-tenu-pour-roselyne-bachelot-.php

|

2008年8月27日 (水)

フランスのおこづかい事情

CSA(視聴覚最高評議会、Conseil supérieur de l'audiovisuel )が行った世論調査によると、ヨーロッパ人の中で子どもに渡すおこづかいの額が最も少ないのがフランス人であるという結果がでたようです。

フランスの親が7歳から15歳の子どもに渡す金額は、平均月額17,70ユーロ。ヨーロッパ全体ではおこづかい制度を実施している親は71%ですが、フランスでは47%と少なめです。
イギリス人は毎月24ユーロ、ポルトガル人は最も気前が良いようで毎月59ユーロという結果が出ました。

この数値はフランス人の経済状況を映しだしていると言えます。


*************************


おこづかいというものは、金額が多かろうと少なかろうと、初めから一定の額が決まっていれば、やりくりできる能力が身につくのかもしれません。
お金はあればあるほど使ってしまいたくなる、欲望の増幅剤のようなものなのですから。


*************************


フランスの親、おこづかいの額が最少。
Les parents français seraient les plus avares concernant l'argent de poche
http://fr.news.yahoo.com/zigonet/20080826/tod-les-parents-francais-seraient-les-pl-17baed7.html

|

2008年8月26日 (火)

はじめてのTF1

昨日月曜、女性ジャーナリストであるロランス・フェラーリが、初めてTF1の20時の報道番組に現れました。
TF1の20時は、これまでパトリック・ポワヴル・ダルヴォル氏(略してPPDA)が21年間担当していました。PPDA氏は今年7月10日に番組を降板し、フェラーリが後任となったのです。

昨日の放送でのフェラーリは白を基調とした端正な装いで、にこやかな表情で緊張した様子も見られず、番組進行は首尾よく進みました。

PPDA氏の番組降板について反対する声が多数あったようですが、フェラーリの初日は上手くいったようです。


*************************


PPDAという愛称で親しまれている氏はフランスで知らない人はいないというほどの大物キャスターであり、日本における久米宏さんのような存在と言えそうです。
後任のフェラーリは容姿端麗で実績もあり華やかな存在であり、また違った良さがありそうです。


*************************


ロランス・フェラーリ、初めてのTF120時。
Premier 20H pour Laurence Ferrari sur TF1
http://afp.google.com/article/ALeqM5hVPEIeC0SL3CNwPXE5SLOegYUTsA

|

2008年8月25日 (月)

オリンピック閉幕

日曜、フランス選手団が北京から帰国しました。40のメダル獲得という結果です(うち金メダル数は7)。

フランスはメダル獲得数では世界7位ですが、全体では10位に終わりました。
ちなみに4年前のアテネ五輪では、フランスは11個の金メダルを含む33個のメダル獲得で世界7位でした。

今回メダルを獲得した競技は16種類で、これはアテネの時の14種類を上回っています。


*************************


祭典が終わりを迎え、季節も秋を感じるようになりました。

オリンピックにおいて、金メダルは選手たちにとって一番の目標です。
しかし印象に残ったのは、金メダルに届かなかったある選手の「これが自分色のメダルです」という言葉でした。


*************************


フランスはメダル数40、しかし金メダルは少なめ。
JO: quarante médailles pour la France mais un déficit d'or
http://fr.news.yahoo.com/rtrs/20080824/tts-jo-france-ca02f96.html

|

2008年8月22日 (金)

オリンピック視聴率

今月9日から20日の間に、オリンピックはフランスのテレビで平均140万の視聴者を惹きつけています。
フランスでオリンピックを中継放送しているのはフランス2とフランス3のみで、平均視聴率は25,3%です。
最高視聴率は8月17日の13時40分で、視聴者数は430万人、視聴率は34%を記録しました。フェンシングのサーブルで、フランスが金メダルを獲得した瞬間のことでした。
この数値は公共放送機関のフランス・テレビジョンから好評価を得ています。

加えて、フランス2、3、4が運営しているオリンピックのサイトには350万人が訪れています。


*************************


TV局によるインタビューで、オリンピック開幕したばかりの頃、「鳥の巣」前で北京の人たちに「オリンピックを観に来たのですか?」と質問したところ「いいえ。オリンピックは家でテレビで観ます。」という答えが多く聞かれたそうです。
なるほど、中国でのオリンピック視聴率は最高90%を超えたそうです。


*************************


オリンピック:フランスのテレビで、平均140万の視聴者。
JO: 1,4 million de téléspectateurs en moyenne sur France Télévisions
http://afp.google.com/article/ALeqM5jEft1bJKPROxg6TZlpnJxeju6wAg

|

2008年8月21日 (木)

アメリー・ノートン旋風

今月21日、今フランスで大人気の女流作家、アメリー・ノートンの新作"Le fait du prince"が話題になっています。印刷部数は20万部を記録しており、この記録は、今期最高のものとなります。すぐに売上の頂点へ登りつめるだろうと期待されています。

アメリー・ノートンの過去の作品には、「日本二部作」と呼ばれる"Stupeur et tremblements" や "Ni d'Eve ni d'Adam"があり、いずれも輝かしい成功を収めました。


*************************


アメリー・ノートンのフランス語はわかりやすく、また話の展開も軽やかに進むので非常に読みやすいです。
今回の新作の表紙は自身がモデルとなっており、お笑い芸人の鳥居みゆきさんを思わせるような独特な雰囲気を醸し出しています。


*************************


ビッグウェーブ、アメリ・ノートン:20万部突破。
La déferlante Amélie Nothomb: 200.000 exemplaires
http://culture.france2.fr/livres/actu/45715792-fr.php

|

2008年8月20日 (水)

TGV、混乱する

19日、南東部におけるTGVの交通が非常に混乱しており、6本の電車が止まりました。オーヴァーニュ近くの架線が数百メートルにわたって外れてしまったことが原因のようです。
二つの路線に影響がでており、ニース―マルセイユ間の走行も中止されました。

利用者のはっきりした数は明らかではありませんが、SNCFによると、8月15日の週末には各電車に数百人もの乗客がいたそうです。


*************************


1本の電車が止まれば、何百人もの足も止まってしまいます。
このトラブルに巻き込まれた人たちは、バカンスのうちの数時間を、駅のホームで過ごさなければならなかったのです。

ちなみに、「架線」(架空電車線)という言葉にはあまり馴染みがありませんでした。電車の上に張られている線のことで、この線を通して電気を集めます。
フランス語ではcaténaireになります。


*************************


TGVの交通、南東で大混乱。
Le trafic des TGV très perturbé dans le sud-est
http://www.france-info.com/spip.php?article174141&theme=9&sous_theme=13

|

2008年8月19日 (火)

果物の品質

2008年における桃と杏の収穫量は低下傾向にあるということが明らかになりました。

8月1日の時点で、杏の生産量は85,000トン。これは2007年の報告と比べ3分の1程度、2003年から2007年までの平均と比べると45%の減少です。
生産高一位であるローヌ=アルプ地方は霜の被害もあり、前年比35%、ここ5年比で47%減少しています。

とは言え、総体的に見ると生産量の低下は想定の範囲内と言えるようで、本当に深刻なのは品質の低下のようです。
ラングドック地方では、霜、雨、雹といった悪天候の影響もあり、品質の低下が目立ちます。
今年度の杏の品質はこれまでのものより最も低いものだと言われており、パリ郊外の果物や野菜の販売者は「今年は味の良いものを見つけられない」と話しています。

悪天候の影響は、桃の収穫量にも表れているようですが、これらの被害の原因は天候だけではないと見られています。


*************************


収穫量の低下、そして品質の低下。
一方価格は鰻上りです。


*************************


桃と杏:収穫難。
Pêches et abricots: une mauvaise récolte
http://info.france2.fr/economie/45663180-fr.php

|

2008年8月18日 (月)

ロワイヤル女史とダライ・ラマ

ダライ・ラマとセゴレーヌ・ロワイヤル女史が昨朝、ナントにて面会しました。政治的でも論争的でもない面会だということです。
「チベットで起こったあらゆることについての私の悲しみを伝えるために来ました」とロワイヤル女史は彼女自身もチベットに赴くことを約束し、「来週からすぐに」中国のビザを申請することを誓いました。この私的面会を終えて、女史はこの面会によって「とても衝撃を受けた」と話し、チベットへの支持を再び明言しました。
ダライ・ラマは昨日からナントで5日間の順講を行います。寺院で木曜に行われる式典には、カルラ・ブルーニ=サルコジ仏大統領夫人も出席する予定となっています。


*************************


政治色はないとされていますが、新聞各紙にとりあげられていることを鑑みると、この会見に政治的観点も含めた注目が集まっているようです。
一方サルコジ大統領は、グルジアとロシアのことで大忙しです。


*************************


ダライ・ラマ氏に招かれ、セゴレーヌ・ロワイヤル女史がチベット訪問の意志を示す。
Reçue par le dalaï-lama, Ségolène Royal annonce vouloir se rendre au Tibet
http://www.lavoixdunord.fr/France_Monde/actualite/Secteur_France_Monde/2008/08/17/article_recue-par-le-dalai-lama-segolene-royal-a.shtml

|

2008年8月11日 (月)

まずは銅から

北京オリンピックが開催されました。
フランス、まずは3つのメダル獲得です。
アーチェリーで銅メダル、そして柔道のBenjamin Darbelet(バンジャマン・ダルベレ)選手とフェンシングのFabrice Jeannet選手がそれぞれ銀メダルを獲得しました。

柔道ではDarbelet選手が66㎏級の決勝で内柴正人選手と戦い、縦四方固めで決着。
Darbelet選手は内柴選手との試合の状況を「地面に頭が叩きつけられた。床がきしんだ。首が痛くて、目から星が出た。やられたよ。」と説明しています。


*************************


日本発のスポーツである柔道の世界でも、他国の選手も活躍するようになりました。
それにしても、「寝業師」と呼ばれる内柴選手の押さえ込み、痛そうです。


*************************


オリンピック:フランスまずはメダル3つ、しかし金にはまだ届かず。
JO: la France glane ses trois premières médailles, mais pas d'or
http://fr.news.yahoo.com/rtrs/20080810/tts-jo-france2-ca02f96.html

|

2008年8月 8日 (金)

大雷雨、続く

水曜夜から木曜にかけて、時速130km以上の強風を伴う雷雨前線がフランスを通過し、中部に多数の被害が出た上に、一人の少女が木への落雷によって死亡しました。
木曜17時の時点で、5万世帯近くが停電のままだったそうです。

雷雨は午後の終わりにはオーヴェルニュに向かって移動しました。気象庁は雹を伴う激しい雷雨があるだろうと予測しています。その動きは東へ向かう模様であり、暴風、雹あるいは激しい雨を伴うということです。


*************************


フランスでは雷雨の際、雹もよく降ります。
日本でも最近、雷雨に見舞われる日が続いています。
今日もまた、急な天気の変化があるという予報が出ています。雨風対策をお忘れなく。


*************************


フランス中部で雷被害により一人の死者、多数の被害。
Un mort et des dégâts dus aux orages dans le centre de la France
http://fr.news.yahoo.com/rtrs/20080807/tts-france-intemperies-ca02f96.html

|

2008年8月 7日 (木)

テレビでオランジュ音楽祭を

毎年夏に行われるオランジュ音楽祭(Chorégies d'Orange)で上演されたグノーのオペラ「ファウスト」がテレビ局のフランス2で放送され、11,3%の視聴率を記録しました。
放送は8月5日の20時45分から23時30分で、これはTF1とフランス3に続き3番目の放送となります。
聞きごたえのある1時間であり、反響も上々です。フランス2は同様に2007年にもヴェルディの「トロバドーレ」を放送しており、これも180万の視聴者を集めました。

オランジュの野外オペラ祭は、7月13日の「カルメン」に始まり、そしてこの「ファウスト」で終了しました。指揮はフランス放送フィルハーモニーのミシェル・プラッソンMichel Plassonで、演出はNicolas Joelです。加えてファウスト博士役はテノール歌手のRoberto Alagna、悪魔メフィストフェレス役はドイツのバスRené Pape、マルグリット役はアルバニアのソプラノInva Mula、そしてマルト役はカナダのアルトMarie-Nicole Lemieuxです。

ここ何年かの古代劇場では、ヴェルディやプッチーニといったイタリアの大作で満たされることがほとんどでした。
しかし今年は、「カルメン」(Beatrice Uria-Monzon/Marcelo Alvarez)そして「ファウスト」を、75歳になるフランスの有名指揮者ミシェル・プラッソンが手掛け、フランス的な要素を強調する仕上がりになっているそうです。

2009年のオランジュ音楽祭は、ヴェルディの「ラ・トラビアータ」(ソプラノはPatrizia Ciofi)と二部構成のレオンカヴァッロの「道化師」、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」が予定されています。


*************************


南仏のオランジュという都市にあるこの古代劇場は、「ローマ劇場」とも呼ばれ、ユネスコの世界遺産にも登録されている劇場です。1世紀のローマ時代に建造された歴史ある劇場で、音響効果も優れているそうです。しかし座席は石でできているので座り心地が良いとは言えないようです。


*************************


「ファウスト」180万もの視聴者を惹きつける。
"Faust" attire 1,8 million de téléspectateurs
http://culture.france2.fr/musique-classique/actu/45423226-fr.php

|

2008年8月 6日 (水)

ハンバーガーに課税?

フランスでも、肥満が問題となっています。

政府によりもたらされた報告は、特に脂肪分、糖分、塩分の多い食品について課税することを要求しています。

「美味しいものは体に悪い」という言葉があるようですが、若者や子どもの大部分にとって魅力的な食品であるミートパイ、ピザ、ソーダ、ポテト、ハンバーガー、ケーキ、アルコールなどは厳しく監視される対象になります。
IGF(会計検査院、Inspection générale des finances)とIgas(社会問題観察総局、Inspection générale des affaires sociales)の報告については、7月末に財務大臣エリック・ウェルトEric Woerthと保健大臣のロズリーヌ・バシュロRoselyne Bachelotによると、フランスで肥満や重量過多に対して取り組もうとすることを推奨しています。
6月に実施されたアンケートによると、35~74歳の男女のうち男性は3分の2、女性は2分の1が重量過多になっているそうです。


*************************


美食の国として知られるフランスも、軽めの食事を好むようになりました。
かつてはちゃんとした夕食では食前酒、メイン料理に、そしてデザートワインと一度の食事に2~3本のワインを頼むものでしたが、最近では1本だけで済ます人が多いそうです。
チーズも低カロリーのものが発売されるなど、ヘルシー志向が高まっています。
それと同時に、フランチャイズのハンバーガー店の人気も高まっているようですが。


*************************


「ハンバーガー‐ポテト‐コーラ」税?
Une taxe "hamburger - frites - coca" ?
http://www.france-info.com/spip.php?article169343&theme=9&sous_theme=12

|

2008年8月 5日 (火)

フランスにおけるヘロイン

フランスにおいてヘロインの消費量が上昇しており、公衆衛生面が心配されています。この薬物使用の大衆化は徐々に進んでいるようです。

最近のデータによると、薬物使用は常用者だけでなく、非常用者の間にも広がっているとのことです。
使用者の大部分は若者であり、厚生省は「大衆化は基本的にテクノのイベントなどから広がり、使用は徐々に受け入れられ、目立つようになりました」としています。
「使用者の健康上の深刻な結果、特にオーバードーズによる死亡者の増加」が心配されています。


*************************


少し前、カルラ・ブルーニの最新アルバムに麻薬をほのめかす題名の曲が収録されているということが問題になりました。近年のフランスにおいて薬物の問題は深刻な問題です。

ちなみに、フランス語ではヘロインはheroïneで、ヒロインも同じくheroïneです。hは発音されない為、「エロイン」と発音されます。


*************************


フランスでヘロインの消費量、上がる。
La consommation d'heroïne progresse en France
http://fr.reuters.com/article/topNews/idFRMAL43596120080804

|

2008年8月 4日 (月)

手巻き煙草も値上げ

フランスにおいても煙草の価格は上昇しており、それにより若者たちはより安価な手巻き煙草を好む傾向にありました。
しかしこの8月に、手巻き煙草及びシガリロ(細い葉巻の類)の価格が9~10%上昇する予定になっています。ル・パリジャン紙などが報じています。


*************************


手巻き煙草とは、煙草の葉とそれを巻く紙がセットで販売されているもので、吸う際に自分で紙の上に煙草の葉をのせて巻きます。
上手く巻くにはコツがあるようですが、「煙草巻き機」なるものも存在するそうです。手巻き改め、機械巻き煙草です。


*************************


手巻き煙草の価格、8月に上昇か。
Le prix du tabac à rouler va augmenter en aout
http://www.liberation.fr/actualite/societe/342723.FR.php?rss=true&xtor=RSS-450

|

2008年8月 1日 (金)

今年のバカンス

夏のバカンスの季節になりました。
かつてフランス人のバカンスと言えば毎年どこか日常と離れた土地でゆっくりと過ごすことが通例でしたが、今年は少し事情が変わっているようです。

旅行会社によると、旅行の予約状況について7月は「期待はずれ」だったようですが、8月は「先行きが良い」とのことです。
7月の天気は気まぐれなので、多くのフランス人はより太陽が現れやすい8月に旅行の予約をするそうです。

また木曜ユマニテ紙に発表された統計によると、42%のフランス人が今夏はバカンスに出かけない予定であり、それは2005年に比べて10%の増加です。
フランス人の4分の3がバカンスのための資金を用意していますが、その額は5年前の60%ということです。


*************************


日本でも海外旅行に出かける人が減少しているようで、その代わりに国内旅行が人気なのだそうです。
海外に「行かない」のではなく「行けない」という選択肢のない状況は、今後ずっと続いていくのでしょうか。


*************************


42%のフランス人がバカンスに出かけない。
42 % des Français ne partent pas en vacances
http://info.france2.fr/france/45343287-fr.php

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »