« 2007年10月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年1月の4件の記事

2008年1月17日 (木)

SNCF(フランス国鉄)でスト開始

フランス国鉄(SNCF)の労働組合7組によるストが11月13日20時より開始されたことが発表になった。SNCFによるとフランス全土における交通網はかなり乱れることが予想される。国際線であるユーロスターとタリスは通常通り運行される。RATP(パリ近郊鉄道)のストも14日より開始される。パリ地下鉄は14号線以外の線で10本に1本の割合で運行。郊外線のA・B線は運行が減少する。

今回のストはニコラ大統領が発表した年金制度改正案に対するもの。

******************

国鉄SNCFやパリ交通公社RATPもまた大規模なストに突入してしまいました。メトロやバスが動かない、もしくは本数が激減し、自転車使用や歩きを余儀なくされるパリジャンが道に溢れています。本格的に冬が到来し、時には0度にも達するパリでのスト。一般市民たちの疲れもピークに達しています。

******************

L'épreuve de force reprend entre le gouvernement et les syndicats

http://www.lemonde.fr/web/article/0,1-0@2-823448,36-977956,0.html

|

2008年1月 9日 (水)

2008年 冬のバーゲン開始!!

パリは明日から6週間冬のソルドが始まる。期間は、パリが2008年1月9日8時から2月16日終日まで。

*******************

フランスではバーゲンが厳しい規制に置かれており、開始日は知事が決めることになっています。バーゲン開始日の朝は日本のようにたくさんの人がデパートの前に列を作り、デパートも通常の営業時間よりも2時間早い8時開店にしています。私は9日(バーゲン初日)の朝、8時過ぎのニュースを家で見ていると、開店と共にたくさんのお客で賑わっているデパートのの映像がいち早く放送されていました。この時期にパリへ旅行に来られている方は本当にラッキーだと思います。

*******************

Comment profiter des soldes

http://www.lefigaro.fr/conso/2008/01/08/05007-20080108ARTFIG00489-coup-d-envoi-des-soldes.php

バーゲンの楽しみ方

|

2008年1月 5日 (土)

2008年度 パリ・ダカールが中止

自動車のダカール・ラリー(通称パリ・ダカ)の主催者は4日、モーリタニアの政情不安を理由に、5日から始まる予定だった同レースの中止を決めた。大会が全面的に中止されるのは初めて。

世界で最も過酷な自動車レースとされる同ラリーは、今大会で30回目を迎えることになっていたが、昨年12月にモーリタニアでフランス人観光客が殺害される事件が発生。国際テロ組織アルカイダの関与が指摘され、フランス政府などと実施の是非を協議していた。

レースは5日にポルトガルのリスボンを出発し、20日にセネガルのダカールにゴールする日程で、11日の第7ステージから19日の第14ステージまでモーリタニアを通過することになっていた。

*******************

今年で30周年を迎えるはずだったダカール・ラリーですが、開催前日の4日中止の発表となりました。モーリタニアでは先月24日に、フランス人旅行者が武装集団に襲撃され、4人死亡1人負傷の事件が起こりました。犯人は国際テロ組織アルカイダの一派とみられ、現在も逃走中。主催者は安全を優先するためには大会を中止するしかないと判断したのです。大会全体を中止したのは今回が初めてのことで、とても残念に思いますが、現在の治安情勢考えると、やむを得なかったのだろうと思います。

*******************

Comment al-Qaidaa pris pied en Mauritanie

http://www.lefigaro.fr/international/2008/01/05/01003-20080105ARTFIG00043-comment-al-qaidaa-pris-pied-en-mauritanie.php

アルカイダはどのようにモーリタニアに根付いたか?(2008年1月5日 フランス・フィガロ紙)

|

2008年1月 2日 (水)

1月1日より全面禁煙

フランスでは2008年1月1日より公共スペースでの喫煙が全面禁止となった。 バー、レストラン、クラブ、カジノそしてホテルまでもがこの度新たに禁煙スペースとして追加になった。
ホテルでの喫煙は禁止となったが、もちろん客室内では条件がない限り、自由に喫煙することができる。

他にもロビーやレストラン、バーなど他の人と交わるようなスペースでは全面禁煙となった。 他の人とは区切られるようなスペースについては、その責任者が喫煙かどうかの決定権を持つこととなる。

関連サイト : www.tabac.gouv.fr

********************

2008年になり、早速始まった今回の制度。フランスではレストラン、カフェなどで全面禁煙が始まりました。ただし、よく見られるテラス席では喫煙可能なので、たばこを吸う人はテラス席に行くことになります。さすがに真冬にテラスで食事をしようという人はなかなかいないようですが。

フランスではたばこが1パック5.5ユーロ(900円)位で売られており、今回の全面禁煙制度も拍車をかけ、喫煙者数が減るのではと予測されています。

********************

Interdit de fumer dans les hôtels au 1er janvier mais pas dans les chambres

http://www.larep.com/tourisme-2591.html

1月1日より全面禁煙

|

« 2007年10月 | トップページ | 2008年5月 »