« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年10月の2件の記事

2007年10月 7日 (日)

ニュイ・ブランシュ(白夜祭)

今年で6回目を迎えるパリの白夜祭は、ラグビーワールドカップのフランスチームの勝利とともに幕開けした。

天候に恵まれたこととラグビーのワールドカップでフランスチームが勝利をおさめたことで白夜祭は盛り上がり、10月7日(日)午前1時までには二百万人の人出となった。今、ラグビーワールドカップがフランスで行われているため、たくさんの観光者も今年の白夜祭に参加したものとみられている。

また今年の白夜祭は、先日延長したパリメトロの14番線を祝うのも兼ねて、14番線沿いには様々な現代アートの展示や催しが行われた。

*********************

今年で6回目を迎えたニュイ・ブランシュですが、同日(6日)の夜、フランス人たちはテレビの前に座り込み、フランスチームがオールブラックス(ニュージーランドチーム)に勝つという歴史的?!瞬間を見て、興奮していました。このニュイ・ブランシュ。フランス語に訳すと白夜なのですが、実際にパリで白夜が体験できるのではありません。白夜、つまり夜にならないということを意味して『朝まで遊ぼう!』とパリ市が開催するお祭りなのです。今年は例年以上の人出で、大変盛り上がったようです。

*********************

2 millions de visiteurs pour la 6e édition de la Nuit blanche

http://tempsreel.nouvelobs.com/actualites/culture/20071005.OBS8283/hommage_a_ingrid_betancourtlors_de_la_nuit_blanche.html

二百万人の人出で、第6回ニュイ・ブランシュは大成功

|

2007年10月 6日 (土)

フランス 準決勝進出 ラグビー・ワールドカップ

フランスで行われているラグビーのワールドカップで、フランスチームがニュージーランドの《オールブラックス》を準々決勝で破り、今週末に行われる準決勝へと進むこととなった。、準決勝の相手はイギリスで、2週間後パリで行われる決勝戦へ進出する可能性が高くなってきた。
一時は13対0とニュージーランドに大差を付けられていたが、その後フランスチームの逆転劇が始まり、20対18で試合を終えた。
前半戦を終えた時点でのスコアーは13対3で、ニュージーランドの圧勝かと思われた。ところが後半に入り、フランスの猛攻撃が始まった。一気に18点まで得点を伸ばすと、その後ニュージーランドに5点のトライを一回許しはしたが、そのまま勝利の座を貫いた。
********************
日本ではあまり話題になっていないようですが、今ラグビーのワールドカップ・フランス大会が行われており、自国の大会で決勝リーグに勝ち進んだフランスではとても盛り上がっております。決勝リーグ初戦の相手は世界一と言われている名門ニュージーランドの《オールブラックス》。誰もがこれで終わりかと思っていました。ところが後半戦からの猛攻撃でフランスが名門チームに勝ったのです。これは盛り上がらないはずがありません。
私自身ラグビーには無関心だったのですが、今回の盛り上がりで見るようになり、その面白さにはまりつつあります。それにしても全般的にスポーツの強い国に生まれたフランス人たちが羨ましい限りです・・・
********************
Rugby: la France passe!
フランス 準決勝進出 ラグビー・ワールドカップ

|

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »